短納期・低価格はあたりまえ! ポストカード・CDジャケット・DVDジャケットの激安オンデマンド印刷専門 オンデマ!
home > 入稿ガイド > イラストレータ注意点

イラストレーター

イラストレーターで作成時の注意点

データ作成時の注意点

断裁誤差について

±1.5mm程度の断裁誤差が生じる場合があります。より安定した出力にするために、仕上がり線いっぱいの配置は避けてください。

 

裏面印刷について

裏面印刷は特に誤差の生じる可能性が高くなります。より安定した出力にするために、仕上がり線いっぱいの配置は避けてください。

 

塗り足し

断ち落としのある場合は、仕上がり線から3mmの塗り足しを確保してください。塗り足しが無い場合でも出力に回してしまいます。その場合、ふちに白い線(紙の色)が出てしまいますのでご了承ください。

 

裏面1色の場合は必ずKのみで作成してください。

裏面1色(4c/1c)のデータを作る場合、裏面は必ずK1色で作成してください。

 

K(黒)のオーバープリントについて

K100%のみ色(=スミベタ)は、印刷時に通常オーバープリントになります。
オーバープリントはのせとも言われ、その名のとおり色を上にのせるのです。

これは本来、文字を背景の上に黒で書く場合に、版ズレによる可読性低下を防ぐものです。

参考:オーバープリントって?
イラストレーターでデータを作成する際に、スミベタを使う場合も、オーバープリントされます。

図の左の黒い四角が、スミベタです。このように、背景(CMY)の色の上に黒をのせるため、背景が透過しているように見えます。

イラストなどで、下のパーツが見えてしまうのはみっともないですよね。

これを回避するにはいくつか方法がありますが、右の四角のように、CMYそれぞれ1%ずつ入れておくのがひとつの方法です。


イラストレーターのデータについて

バージョン8.0.1~対応しております。

モード

色モードはCMYKにて作成してください。RGBデータは、弊社で変換します。その際、色の再現性が落ちる場合があります。ご了承ください。

 

フォント

フォントはすべてアウトライン化してください。
空テキスト(文字の入っていないテキスト)も削除しておいてください。

入稿する前に、「フォントの検索・置換」「フォント検索」などで、フォントが残っていないかチェックしてください。

 

保存形式

イラストレーターEPSで保存してください。
EPSの際、書類設定の透明化スライダはベクター100に設定してください。

バージョンCS4まで対応しております。

トンボ・トリムマーク

トンボを必ずつけてください。
トンボは「フィルタ」⇒「クリエイト」⇒「トリムマーク」で作成してください。

また、トンボ外のオブジェクトは削除したり、塗り足しのサイズでマスクをかけるなどして、トンボ外にはみでているものが無いようにしてください。印刷の際に、自動的に中央配置するため、トンボ外にオブジェクトがあると、それを含めた中央に配置されてしまうからです。

 

特色(スポットカラー)


特色はCMYKに変換してください。
右のを押すと、CMYKに変換されます。

そのままですと、意図しない色に変色する場合がございます。

 

グラデーション

複雑なグラデーション、塗りの開始位置が極端なグラデーションなどは、グラデーションの色・向きなどが変形しまう場合があります。
複雑なグラデーションを使う場合は、画像に変換したほうがよいでしょう。

 

完全な出力結果を得るために

ヘアラインと、細い線

0.2pt以下の線はきれいに出力できない場合がありますので、それ以上の線幅にしてください。

線種が0ptもしくは無しで、塗りのみの直線をヘアラインと言います。
このような線は、オンデマンド印刷機では出力されるようですが、高解像なオフセット印刷では出力されないなど、予期せぬ結果を招きます。
塗りのみの線(ヘアライン)は使用しないようにしてください。

 

破線に注意

イラストレーターはバージョンによって破線の間隔が変わってしまうことがあります。
とくに、バージョン8.xの破線は、微妙にずれたりします。
破線を「透明部分を分割・統合」などしてアウトライン化しておくと確実です。