短納期・低価格はあたりまえ! ポストカード・CDジャケット・DVDジャケットの激安オンデマンド印刷専門 オンデマ!
home > うんちく > 紙の厚さ

紙の厚さ

紙の厚さについて。

官製はがきの厚さは??

紙の厚さをあらわすのには、印刷業界では1000枚あたりの重さ(連量:kg)であらわすのですが、基準となる紙の大きさによって、同じ厚さでも表記は変わります。

たとえば、官製はがきは通常180kgですが、これは四六判(788×1091mm)での話。

四六判の紙が1000枚で180kgということなんですね。

この同じ紙でも、A判だと、115.5kgになります。

このように、いろいろ複雑な紙の表記ですので、当サイトでは四六判換算にて表記しています。

四六判 備考
45kg -
55kg 一般的なコピー用紙の厚さです
70kg -
90kg -
110kg ジャンプの漫画部分の厚さ(?)
135kg CDジャケット・DVDジャケットなどに使われます。
158kg  
180kg 一般的な官製はがき程度の厚さです。およそ0.2mmほどの厚さです。
220kg  

 

紙の大きさと米坪

印刷会社が注文する紙のサイズは、A判、B判、四六判、菊判、ハトロン判などがあります。

この、それぞれの全判(A1、B1など)1000枚あたりの重さ(連量)が、紙の厚さの単位です(厳密には厚さの単位というのはちょっと違います。たとえば、ふわふわで厚い紙と、硬くて薄い紙。同じ連量でも厚さは違いますね。)

 

米坪

1平方メートル(㎡)当りの重さをgで表したものを米坪もしくは坪量と言います。面積あたりの重さなので、もとの紙の大きさには関係ありません。官製はがきだと、209.5g/㎡です。
米坪を使えば、連量による紛らわしい表記をしなくていいのではないか?
そうです。そのとおりなのですが、印刷業界では、もとの用紙がどの大きさかが重要な要素になってくるのです。

 

▼参考:各用紙の大きさ

種類 寸法
A全判 625 × 880
B全判 765 ×1085
四六判 788 ×1091
菊全判 636 × 939
ハトロン判 900 ×1200

 

▼参考:連量表

四六判 kg 菊判 kg A判 kg B判 kg 米坪 g/㎡
45.0 31.0 28.5 43.5 52.3
55.0 38.0 35.0 53.0 64.0
70.0 48.5 44.5 67.5 81.4
90.0 62.5 57.5 87.0 104.7
110.0 76.5 70.5 106.0 127.9
135.0 93.5 86.5 103.5 157.0
158.0 109.5 101.0 - 184.0
180.0 125.0 115.5 - 209.5
220.0 153.0 - - 255.5