短納期・低価格はあたりまえ! ポストカード・CDジャケット・DVDジャケットの激安オンデマンド印刷専門 オンデマ!
home > うんちく > オーバープリントって?

オーバープリント・「のせ」って?

オーバープリント・「のせ」って?

K100%のみの色は、印刷時に自動的にオーバープリント処理されます。

 

フルカラー印刷は、CMYKの4つの版を重ねて表現しますが、 この4つの版を重ねる時に、わずかなズレが生じることがあります。
これを版ズレといいます。昔のメンコなんかはよく版ズレしてました。

印刷の精度は向上しましたが、それでも誤差は生じます。

写真などの上に小さい文字を印刷する場合、この版ズレにより、読みにくくなってしまうことがあります。
そこで、黒(=スミベタ)の文字の場合は、背景の上に黒インクを重ねる、オーバープリントという処理がされます。

左の画像は、版ズレをシミュレートしたものですが、上の「オンデマ!」の文字が、オーバープリントで、 下が、オーバープリントをしない状態のものです。

CMYK少しずつ版がずれてますが、上のオーバープリント処理をした方が読みやすいですね。


 

では、その版をCMYKに分解したものをみてみましょう。




上の「オンデマ!」の文字は、CMYの背景に、Kをのせているのがわかります。

通常は、このような処理がされるのです。

 

しかし、ここでひとつ、問題が生じます。

それは、イラストなどにスミベタを使った場合も、オーバープリント処理されてしまう、ということです。
その何が問題かといいますと、オーバープリントにより、下のCMYが透過しているように見えるのです。

図の左の四角が、スミベタで、右は、スミベタにCMYそれぞれ1%いれたものです。こうすることにより、オーバープリント処理を回避できます。

先ほどの例でいえば左の四角が上の「オンデマ!」の文字、右の四角が下の「オンデマ!」の文字に近い状態ですね。

イラストレーターのカラー属性に「塗りにオーバープリント」がありますが、それのチェックをはずしてあっても、Kのオーバープリントは回避できません。

用途に応じてスミベタとスミベタにCMYそれぞれ1%いれたものを使い分けることができれば一人前のスミベタマスターと呼べるでしょう。